maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。


_MG_7449

先日のセミナー1日目報告のつづき。

2日目の午前中は、リビングワールド/働き方研究家の西村佳哲氏に「”自分たちの仕事”をつくる」というタイトルで、ワークショップをおこなっていただきました。

朝10時からと少し早い時間からのスタートだったのですが、2日目(特に交流会があったことが大きい)ということもあり、参加者のみなさんがフレンドリーな感じ。

ワークショップの内容は、まず西村氏の著書「自分をいかして生きる」(筑摩書房)で一番に紹介されている『海に浮かぶ島』のお話からスタート。
現在僕らが生きている中のほとんどが人の仕事に囲まれていて、常に触れています。特にお気に入りのモノは、つくり手の「あり方」や「存在」も感じていたりもしますよね。実はその根底にある自分自身の「あり方」や「存在」(姿勢や態度)を表現/受信するワークショップでした。

3人一組になり「仕事について今感じていること」をテーマに対話します。話すだけでなく聴く人にも課題があり、ちょっとした緊張感がドキドキ/ワクワクを誘ってくれます。

「頭で考える・・・つまり思考は理想のイメージであり、少し自分と距離があり、しかもちょっと前の古い考え。しかし、経験して生まれる言葉は実感であり、十分に人に伝わる」というお話は、社会で生きる人として忘れてはならないコミュニケーションの基本であることを思い出させていただきました。

コミュニケーションとか表現って多様と思われがちなんですが(もちろん多様ではあるんですが)、数学的にちょっとずつ因数分解していくと、生きている自信の根源にある「今どうありたいか?」というと動機から始まっているんだ!と気づかせていただいた有意義な時間でした。

2日目の午後の選択プログラムは、僕は分科会Cのコーディネーターをしてましたんで、後日、もう一人のmaru lab.スタッフの船津丸に書いてもらおうと思いますので、お楽しみに!(どんだけ引き延ばすんかい!

樋口