maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。


HP_visual

障がいのある人たちの芸術活動を通じて社会におけるさまざまな価値を捉え直す”エイブル・アート・ムーブメント”に賛同し、(公財)福岡市文化芸術振興財団は、エイブル・アート事業として2004年度から障がいのある人たちの作品を紹介する企画展の開催しました。2007年度からは、地元福岡・九州の作家を紹介することに重点を置き、NPO法人まるが企画委託を受け、同時に企画展タイトルを「Lifemap」と変更し、「一人ひとりの『地図』が、少しだけ塗りかえられる小さな変化」を促す企画展を開催してきました。

これまで、障がいのある人たちの「こだわり」や「日常」にスポットをあてた、絵画/立体造形/詩/映像/音楽などの作品を展示し、作家紹介や作品鑑賞のみならず、ギャラリートークやワークショップなど作家との出会いの場を設け、来場者一人ひとりの価値観に訴え、さまざまな差異と向き合う自発的な行動を促すきっかけを提供することを目指してきました。

そこで、8回目の開催となる今回の「Lifemap」は、昨年度初めて試みた「障がいのあるアーティストと共に制作したパフォーミングアーツ」をさらに追求し、発表する場をつくりたいと考えております。

まずは、”自ら表現したい”意志を持った障がいのある人アーティストを募集し、オーディション選考を行います。そして福岡を拠点にアーティスト活動している企画メンバーより選ばれたアーティストと共に作品(芝居/ダンス/語り/映画など)を制作し、12初旬に作品を発表します。

自らの表現を魅せたい!観客を感動させたい!と意気込みのある障がいのあるアーティストのご応募を心よりお待ちしております。

主催:NPO法人まる、(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市



今回のLifemapでは、昨年に引き続き”自ら表現したい”意志をもった
障がいのあるアーティストと共に、作品を制作・発表します。

障害とは、 個人的な原因や社会的な環境により、心や身体上の機能が十分に働かず、活動に制限があることとされています。しかしそれらの概念にある事や物との間にある制限を指している障害とは、本来、人と人の力で乗り越えられるものだと考えます。そして、その乗り越える過程で人はともに生きることを学び、人としての可能性を広げて来ました。障がいとの出会いは、人として生きるための素晴らしいチャンスなのです。私達は、7年間にわたるプロジェクトのひとつの帰結点として、 今年の2月に障がいを持ったアーティストによるパフォーミングアート「フラグ」の舞台公演を行いました。

その公演を通して、障がいのさらなる概念を実感し、それを朧気ながらも形にすることができたように思います。

それが「乗り越えるための表現」=「障がい」と言う概念なのです。

障がいそのものが既に表現であり、乗り越えるための力を求め、その要求に応えることも表現であり、連鎖的な拡がりと深まりを産み出します。表現者も観客も、ともに作り手、表現者となる時間と空間を目指して、今年も強い意志と素晴らしい発想を持ったアーティストを求めます。

応募する資格は、自ら障がいを持つ者である事を自認していること。障害の症状や介護などの形態は問いません。自立した意志を持ち、その意志を伝える方法を持っていること、 自らの障害を公にできること、全日程を通じて参加できる体力と精神力、支援体制が確保できること、そして何よりも会場の観客を感動させる!!と言う意気込みがあることが条件です。

演出:津田 三朗



【応募資格】
 1.自らを“障がいがある”と自認するアーティスト
   ※ 過去の舞台経験や特別な身体能力などは一切不問
 2.下記の稽古日(ワークショップ実施予定日)及び公演日程に参加できること
   ※ 企画内容により日数などが異なるため、二次審査通知後に協議いたします。

【稽古日】(ワークショップ実施予定日)
 2014年8月中旬〜11月末(週1回<主に月曜日18:00〜>全20回程度)

【公演日】
 2014年12月5日(金)〜7日(日)に2〜3日を予定

【会場】
 福岡市内の劇場、アートスペース等を予定


【応募の流れ】
<一次審査>
 次の必要事項をご記入の上、顔写真を添付いただき、
 下記の応募先へメール、FAX、郵送のいずれかで事務局へ6月13日(金)までにご応募ください。
 別途、参考資料などの添付も可能です。
  1.お名前(ふりがな)
  2.ご所属・活動内容など
  3.ご住所(ご自宅/勤務先)
  4.ご連絡先(電話/FAX/メール)
  5.今までの創作活動実績など
  6.影響を受けた人/作品など
  7.メッセージ(意気込み、ご要望など)
  8.この企画をお知りになったきっかけ


 ※ お預かりした個人情報は、本審査の受付事務においてのみ使用させていただきます。
 ※ ご本人以外の方(ご家族、施設などの支援者)からお申し込みいただき場合は、
   直接連絡がとれる連絡先の併記をお願いいたします。


<一次審査結果発表>
 2014年6月中旬に、応募者全員へ審査結果を書面で通知いたします。

<二次審査>
 下記日程でオーディションを行ないます。詳細に関しては、審査結果通知の書面にてご案内いたします。
 日時:2014年6月29日(日) 11:00~17:00
 オーディション会場:工房まる“野間のアトリエ
地図を開く
           〒815-0041 福岡市南区野間3丁目19-26
 ○ 西鉄電車:「高宮」駅下車(急行は止まりません)、徒歩15分
 ○ 西鉄バス:「西鉄高宮駅」バス停より、行先番号50、51,52番系統で「野間三丁目」下車、徒歩2分
        (100円バス区間です)

 ※ 当選考に関する内容及び注意事項は、運営の都合により変更となる場合がございます。
 ※ 審査結果に関するお問い合せにはお答えできかねますのでご承知ください。
 ※ 応募書類・資料の返却は行っておりません。


昨年度開催した「フラグ -Lifemap」の告知ページ → Click



応募チラシのダウンロードはこちらから
 
(PDFファイル:1.5MB)

参加申込書のダウンロードはこちらから
 
(PDFファイル:746KB)

 excel_icon
(EXCELファイル:35KB)



【企画・審査員】
 津田三朗(造形作家、九州大学大学院芸術工学研究院)
 泉山朗土(映像作家、recomemo workshop & studio. 代表)
 野呂英俊(アートディレクター、株式会社イングラHIQU:DESIGN 代表取締役)
 新麻友子(株式会社イングラHIQU:DESIGN)
 緒方祐香(舞踊家、振付家)
 野中香織(表現者)


【ご応募・お問い合せ先】
 Lifemap事務局(担当:樋口、船津丸)
 〒815-0041 福岡市南区野間3丁目19-26 NPO法人まる内
 TEL:092-562-8684 FAX:092-562-8688
 E-mail:marulab@maruworks.org