maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。


HP_visual

「チャレキッズ事業」とは、障がいのある子どもたちの明るい未来を開拓すべく市民団体「チャレキッズサポーターズ」を結束し、当法人が代表団体となり平成27年度福岡市共働事業提案制度に採択され、福岡市発達教育センターと共働して行います。
このプロジェクトは、社会的に「特別」となっている障がいのある子どもたちに対し、養護・支援という関わりだけでなく、可能性を広げていくことで社会にある障がい者観や福祉観を変革していきながら、その夢(可能性)と社会をさまざまなアプローチでコミットさせていくことが狙いです。障がいのある子どもたちが夢に近づく、夢が生まれるといった実験的な取り組みを公開していくことで、障がいのある子どもたちの周りにいる親や兄弟はもちろんのこと、就労や生活で大きく関わる地域社会の可能性も広げていける事業を行っていきます。


平成27年度 福岡市共働事業提案制度「チャレキッズ事業」
障がいのある人との働き方を考えるセミナー

【開催日時】2015年6月4日[木]15:30〜18:00(15:00より受付)
【会場】あじびホール(福岡アジア美術館8階)[地図を開く
【定員】100人
【参加費】1,000円
【対象者】障がい者雇用促進を考えている企業関係者、教育関係者、福祉関係者など


 主催:チャレキッズプロジェクト実行委員会


開催趣旨

「チャレキッズ事業」では、平成27年4月より1年間を通して、障がいのある子どもたちの未来を描ける地域社会を目指した土台作りを目的にさまざまな事業を行っていきます。その第1弾企画として、障がいのある人たちの就労の場を開拓すべく、企業をはじめ、教育、福祉関係者を対象とした「障がいのある人との働き方を考えるセミナー」を開催いたします。
「チャレキッズプロジェクト」は、障がいのある子どもの未来を開拓することを目的としていますが、まずは、その子どもたちの未来を開くべく、働くこと(就労)をテーマに講師を招き、基調講演や事例報告を行っていただき、後半では参加者のみなさんの質疑をもとにパネルディスカッションを行います。
今後「チャレキッズプロジェクト」では、障がいのある子どもを対象に職場体験を企画しております。このセミナーをきっかけに実際に体験できる場をご提供いただける企業ともつながることができたらと願っておりますので、障がいのある人たちの雇用促進にご興味のある方は、ぜひご参加いただけるようよろしくお願いいたします。


プログラム

まず始めに、徳永豊氏(福岡大学 人文学部 教育・臨床心理学科 教授)による「多様性を包み込む共生社会における就労支援」と題した基調講演を行っていただき、その後、吉村高信氏(中華料理八仙閣 総料理長)、那波和夫氏(株式会社障がい者つくし更生会 専務取締役)のお二人に、「障がい者雇用による気付き」と題した事例報告を行っていただきます。休憩を挟み、講師3名によるパネルディスカッションを行い、参加者の質問をもとに障がいのある人たちの新たな働き方を、皆さまと考えたいと思います。

 15:00〜15:30 受付
 15:30〜15:45 主催者あいさつ
 15:45〜16:30 基調講演
 16:30〜17:10 事例報告
 17:10〜17:20 休憩
 17:20〜17:55 パネルディスカッション・質疑応答
 17:55〜18:00 終わりの挨拶


講師

tokunaga
徳永 豊(福岡大学 人文学部 教育・臨床心理学科 教授)
臨床心理士。専門は特別支援教育、発達臨床および国際比較。九州大学大学院教育学研究科博士課程退学。独立行政法人国立特別支援教育総合研究所企画部総括研究員などを経て現職。著書に『障害の重い子ども目標設定ガイド』〈編著、慶應義塾大学出版会、2014年〉、『発達障害のある学生支援ガイドブック』〈共編著、ジアース教育新社、2005年〉など。「特別支援教育推進プラン」策定に関する専門委員会委員〈2010年〉、市政アドバイザー(福岡県糸島市:子育て支援) 〈2013年~〉

yoshimura
吉村 高信(中華料理八仙閣 総料理長)
1954年佐賀県生まれ。高校卒業後に八仙閣に入社。以後、数店舗のレストラン料理長を務め、2006年に八仙閣総料理長に就任。創業47年の伝統の味を守りつつ、日本人好みの中華料理を追求している。 八仙閣では、2003年から障がい者雇用を進めている。会社の方針の中には「地域への貢献」があり、お客様に感謝し、誇りをもって働き、そして地域に貢献するという方針は、先代社長からずっと受け継がれてきた。会社として「障がい者にも活躍の場を!」という社長の思いのもと雇用を始め、現在7人の障がい者が調理補助や配膳、食器洗浄、POP制作などの仕事に従事している。

nanami02
那波 和夫(株式会社障がい者つくし更生会 専務取締役)
株式会社障がい者つくし更生会は、障がい者の雇用の場の創造・開拓及び自立更生を図ることを目的に、昭和59年に設立。従業員総数40名のうち33名が障がい者(知的・精神・身体障がいなど)という民間企業。春日大野城リサイクルプラザの不燃性一般廃棄物処理施設全般の運転・管理業務を行う。那波氏は、平成21年より現職に就き、障がい者の理解・支援、共に働ける環境づくりを実践し続けている。同社は平成25年11月出版「日本でいちばん大切にしたい会社4」で紹介されている。また、平成27年3月「第5回日本でいちばん大切にしたい会社大賞 審査委員会特別賞」を受賞。


お申し込み方法

以下の項目を明記のうえ、5月29日(金)までに下記事務局までに電話・FAX、もしくはEメールでお申し込み下さい。また、チャレキッズホームページ〈http://challekids.com〉の「お申込みフォーム」からもお申し込み可能です。なお、定員(100人)になり次第締め切らせていただきます。

1.お名前(ふりがな)
2.ご所属・活動内容など
3.ご住所(□ご自宅/□勤務先等)
4.電話・FAX・Eメール(□ご自宅/□勤務先等)
5.本セミナーをお知りになったきっかけ

※ 参加費は当日受付にてお支払いください。

セミナーチラシのダウンロードはこちらから
 
(PDFファイル:6.4MB)


お申し込み・お問い合わせ先

チャレキッズプロジェクト実行委員会 事務局(担当:中嶋)
〒811-1344 福岡市南区三宅2-9-28
TEL 090-3415-3315 FAX 092-843-1089
E-mail challekids01@gmail.com
URL http://challekids.com
Facebook https://www.facebook.com/challekids