maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。


minityoutyo100


障害のある人たちのつくったものを再生=Rebornさせて、社会へとつなげる取り組みを行っているリボンヌ手芸部Fukuokaでは、活動4年目となる今年「100人のちょうちょ展」という展示イベントを企画しております。
普段は、福祉施設の素材を使って商品づくりを行い売上の一部を還元するという活動を行っていますが、施設から届けられる素材は、いつも自由でおおらかで、手にするだけでワクワクし、制作そのものを楽しませてもらっているのも事実です。
今回の「100人のちょうちょ展」は、そんな楽しい制作過程をたくさんの人と共有することができたらという思いからスタートし、100を超える人たちが参加してくれました。
展示では、色や形、大きさの異なる個性豊かなちょうちょたちを制作者と共にご紹介します。
共通するモチーフだからこそ見えてくる「違い」をたくさんの人に楽しんでいただければと幸いです。
「変化」や「幸せ」を運ぶとされるちょうちょ。
障害のあるなし関わらず、共にこれからの未来を創造できたらという願いを込めて。


会期|2016年2月22日(月)−28日(日)10:00 – 21:00
場所|Open MUJI(MUJIキャナルシティ博多)
   福岡市 博多区住吉1丁目2−1 ノースビル4F


—期間中のイベント−
|手芸ワークショップ|
福祉施設で作られたものを素材に無印良品のハギレやカラフルな糸・ビーズなどを縫いつけ世界にひとつのちょうちょをつくります。
日程:2月27日(土)、28日(日)
時間:①14:00 – 16:00 ②16:00 – 18:00
定員:各7名
料金:500円
予約:無印良品:092-282-2711
※ボンドを準備していますので、針の使用が難しい小さなお子さんもご参加いただけます。

|goods販売&制作|
下記時間でグッズの販売を行います。
また、平日は、会場内で制作を行います。
制作の参加は自由(500円、予約不要)となっておりますので、お気軽にお声かけください。なお、制作物はお持ち帰りいただけます。
平日:13:00 – 16:00 、土:13:00 –18:00、日:13:00 –21:00

|ちょうちょの販売|
週末は、展示しているちょうちょの即売を行います。(一律1,200円)
平日は、予約のみとなります。


—お問合わせ−
リボンヌ手芸部FUKUOKA(担当:船津丸)
 〒811-1344 福岡市南区三宅2-29-8 NPO法人まる内
 TEL:092-984-1395 E-mail:marulab@maruworks.org