maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。


PlusGallery
平成23年度 福岡市共働事業提案制度として採択された「障がい者アートプロジェクト事業」のプロジェクトのひとつとして開催する「fukuoka plus gallery」。
昨年10月に作品を募集させていただき、約1ヶ月の応募期間に368点(118名<団体:18、個人:2>)もの作品が集まりました。
そして、2度の選考を行い、福岡市立こども病院キャナルシティ博多にて、約120点(こども病院では18点、キャナルシティ博多では約100点)の作品を展示いたします。
詳しくは続きをご覧ください。



 

fukuoka plus gallery

「fukuoka plus gallery」は、
障がいのある人たちのアート作品で、福岡のまちを彩り、ちょっとした和みの空間をつくります。みなさんの日常を愉快にしたり、懐かしさを感じさせてくれたり、作品とおしゃべりしてみたりと、作品と出会うことで「+」(プラス)の出来事を生みだしてくれます。
作品に込められた作者の“おもい”から、たくさんの対話が生みだし、作者-鑑賞者の関係を越え、新たなつながりを構築していく企画展です。


開催概要
福岡市立こども病院
【期 間】2012年1月23日(月)~2月12日(日)
【会 場】福岡市立こども病院 管理棟2階廊下 ミニギャラリー

キャナルシティ博多
【開催期間】2012年2月1日(水)~2月14日(火)
【会  場】キャナルシティ博多
サウスビル イベントスペース付近(2F)、イーストビルへの連絡通路(2F)

主催:障がい者アートプロジェクト実行委員会(福岡市、NP0法人まる)
協力:株式会社C.E.Works、アリヤ出版

この企画展をきっかけに、市内の至るところでこのような“人の心にゆとりを促す出会いの場”を広げると同時に、障がいのある人たちの表現が必要とされ、存在や役割が認められる社会を構築したいと考えております。

今回の出展作家の作品という魅力的なツールで、鑑賞者をはじめ、さまざまな分野の方々とつながっていくきっかけとなれば嬉しく思います。

fpg_flier