maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。

アートバス走行中

アートバス走行中

本日(9月23日)より福岡市内を走る西鉄バス「福岡都心100円バス」の1台がアートバスに変身! このアートバスは、昨年に引き続き福岡市が主催する「ときめきフェスタ」のプロモーションイベントとして、先日のサンセットライブでのパフォーマンス&出店と同じく市内施設と合同で設営をおこないました。 詳しいバスの時刻表などは続きをご覧ください。 今回のアートバスも昨年に引き続き、福岡を中心にアートバスプロジェクトなどを実施しているアーティスト徳永昭夫氏にディレクションの協力をいただき企画を考えました。 まず、はじめにmaruの詩人である濱野歩氏に架空のキャラクター「トキコ」と「メキオ」(イベント名が「ときめきフェスタ」なので)がバスでお出掛けをするストーリー「トキコとメキオのなかよしホリデイズ」を作成してもらい、その完成した詩をもとに参加施設のメンバーが描き下ろした作品を展示しているのです。 今回参加した施設は工房まる、アトリエ ブラヴォ、板屋学園、葦の家、kara、ピースプラントの6施設です。 「トキコ」と「メキオ」がバスで遊園地や水族館、お祭りやショッピングなどに出かけるシーンがあり、それをイメージするメンバーそれぞれの表現を車内に展示しています。 【アートバス時刻表】 <博多駅交通センター>→<天神バスセンター>→<博多駅>の経路となります。 の り ば:博多駅交通センター1階3番 運行経路:福岡都心循環(内回り)線 出発時刻(平日)  14:37  15:47  17:27  18:34  19:48(1日5便) 出発時刻(土日祝)  09:06  10:18  11:12  12:35  13:35  14:50  16:00  17:20  18:32  19:36  20:45(1日11便) ※ 10月17日(日)はときめきフェスタの会場内に展示(停車)しておりますので、その日から展示/走行していません。 詳しくは、西鉄バスのホームページにてプレスリリースをダウンロードできます。→ Click 【アートバス設営風景】 まずは、窓ガラスなどの接着面を拭きます。 濱野歩氏の詩の作品。 水族館を思わせる魚はガラス面に内側と外側両方貼ってます。 徳永氏(写真手前)は、作家活動の他にも「美術現場調整家」として、展示や備品製作もプロフェッショナルな方なのです。よっ!天蚕糸職人! だんだん艶やかになってきましたね。 みんなが描いてくれた、いろんな「トキコ」と「メキオ」です。 一番後ろの座席は特等席かな。 なんか良い感じですよね。 もちろん運転手さんの席にも! ということで、このアートバスは10月31日まで走行いたします。 車内にはさまざまなストーリーが点在していますので、お出掛けのひとときを愉しませてくれたり、お仕事中のひとときを癒してくれたりします。 ぜひ、お時間のある方は乗ってみてくださいね。 最後に今後の関連企画の告知を 【TOKIMEKI odekake SHOP】 期間:2010年9月25日(土)~26日(日) 会場:キャナルシティ博多(地下1階特設会場) 時間:10:00~18:00 期間:2010年10月5日(火)~10日(日) 会場:エンジョイスペース大名 時間:12:00~19:00(5日~8日) 11:00~20:00(9日~10日) 今回はアートバスに参加している6施設のアートグッズの他に、エイブル・アート・ジャパンのショップ「A/A shop」とたんぽぽの家のショップ「CHIRORI」の商品も販売します。 昨年の会場の様子はコチラから → Click 私(樋口)もほぼ毎日店番しています。 みなさんのお越しを心よりお待ちしております!  

アートバス走行中!

アートバス走行中!

先週の18日(金)より9月18日(日)の1ヶ月間、福岡市内施設5カ所のアート作品を車内に展示した「ときめきアートバス」が走行しています。 この「ときめきアートバス」は10月18日に福岡市主催で開催される「ときめきフェスタ」の関連企画として、福岡都心100円バス(内回り路線)に1台走行しています。 現在は時刻不定で走っているのですが、いろんな方々に反響も多く、近々定刻で走行することになるそうなので、時刻決定次第みなさまにお知らせいたします。 それでは車内を少しだけ紹介いたします。  この「ときめきアートバス」の企画は、 徳永昭夫氏にディレクターとして参加いただき、 広告としてのラッピングバスとは違い、 乗車しているお客さんに作品から繰り広げられる物語を愉しんでいただこうと、 車内を中心に展示させていただきました。 展示内容は企画名の「ときめきフェスタ」から「トキコ」と「メキオ」という架空のキャラクターを アートを主体に活動している市内施設5カ所(アトリエ ブラヴォ、板屋学園、葦の家、kara、工房まる)の メンバーに描き下ろしていただいた作品を中心に展示しています。 ディレクションしていただいた徳永氏はアーティストでもあり、 今回は自ら企画している「アートバス・プロジェクト」の一環として関わっていただきました。 徳永氏の活動ブログでも紹介されています。 → Click 18日の午前中には出展作家を招待しての出発式が執り行われ、 maruの松永大樹氏、大峯直幸氏をはじめ、kara、葦の家のメンバーも参加しました。 いざ、バスの中へ! まずは、作品を背に記念写真。 この日は地元のテレビ局「KBC九州朝日放送」取材もあり、 作家のみなさんは慣れないテレビカメラを前に少々緊張気味。 ちなみに、9月24日(木)の18:30頃にKBC九州朝日放送の「ニュースピア」にて、 制作・設営の様子やこの日の出発式の様子などが放送される予定です。 改めて展示されている自分の作品を見つめる作家のみなさん。 15分ほど試走していただき、出発式は無事終了。 西日本鉄道株式会社のみなさんご協力ありがとうございました。 さてさて、この「ときめきフェスタ」の関連企画はまだまだ盛りだくさんでして、9月26日(土)27日(日)には福岡市博多区のキャナルシティ博多の地下1階にて、アートグッズのショップ出店&アートパフォーマンスを開催し、9月29日(火)~10月4日(日)には福岡市中央区のエンジョイスペース大名にて、アートグッズのショップ出店&作品展を開催いたします。 ぜひ、お誘い合わせの上、足を運んでください。よろしくお願いいたします。 ちなみに、maruは2010年のオリジナルカレンダーを先行発売しちゃいます!