maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。


954836_344050522390308_1120758240_n

先日、marulab.の部活動、リボンヌ手芸部 Fukuokaのメンバーたちと
藤崎にある「みどりのその」という施設に行ってきました。

こちらの施設は、「その」というだけあり、利用者もスタッフもほとんど女性です。
野菜の販売の他、刺子などの手仕事をしています。

伺ったときは、みんなで大きなテーブルを囲んで刺子をされてました。
とても楽しそうに布巾に下絵を描いたり、糸の色を選んだり。
他の人がつくったものをカワイイ!!と指差したり。

もっと沢山の人たちに手にとってほしいと、
現在試行錯誤されているそうです。
手芸が得意な人たちが集まるリボンヌ手芸部Fukuokaとなにか一緒にできないかなーとみんなで盛り上がりました。



▶リボンヌ手芸部は、東京、宮城、福岡(福岡市と北九州市)に拠点があり、障害のある人たちのつくったものを再生=Re-bornさせて、社会へとつなげる架け橋プロジェクトです。marulab.では部活動として定期的に開催しています。
▶現在ボランティアとして制作にかかわってくれる方、デザインにかかわってくれる方を募集しています。


●問い合わせ・申し込み先●
特定非営利活動法人まる(担当:船津丸)
E-mail funatsumaru@maruworks.org TEL 092-562-8684
お申し込みはメールにてお願いします。
先着順で締め切りとなりますのでご予約はお早めにどうぞ。


船津丸