maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。






2019年1月12日(土)にエルガーラホールで開催する「ツナガルアートフェスティバルFUKUOKA 2019」で、独創的なアート作品を生み出す障害者支援施設「やまなみ工房」のドキュメンタリー映画「地蔵とリビドー」を上映いたします。上映後は、「やまなみ工房」施設長の山下完和氏をお招きしてアフタートークを行いますので、お誘い合わせの上ご来場ください。

開催概要
 時 間:13:00〜14:05(14:10〜アフタートーク)
 会 場:エルガーラホール会議室2
 入場料:一般(中学生以上) 前売券 1,000円/当日券 1,200円
     障害者 前売券 800円/当日券 1,000円(介助者1名同額)
 定 員:50名(前売券お申込み者優先)














前売り予約お申し込み方法
今回はチケットはありませんので、事前に下記の3つの項目を事務局までメール・FAX・電話でご連絡ください。
 ① ご予約者氏名
 ② 券種(一般もしくは障害者/介護者)と枚数
 ③ 当日連絡できる連絡先
当日受付にて名前をお伝えいただき精算していただくこととなります。

お申し込み先・お問い合わせ先
ツナガルアートフェスティバルFUKUOKA 2019実行委員会事務局
〒815-0041 福岡県福岡市南区野間1-16-15-203 NPO法人まる内
Tel / Fax: 092-516-0677
E-mail marulab@maruworks.org (担当:樋口、古賀)



「地蔵とリビドー」の公式サイト → Click