maru labは<障害>や<福祉>といった枠組みを超え、他者との違いを認め合える豊かな社会づくりのための情報発信サイトです。

Life Map

Life Map

  2007年度よりmaruが(財)福岡市文化芸術振興財団からの委託事業として行っているエイブル・アート事業。 いよいよ、今月11日(金)より「Life Map」展を開催いたします。今回はmaruメンバー濱野歩氏が制作した詩の展示(朗読)に泉山朗土氏の映像、湯山千景氏の音楽を織り交ぜ、3者共同の作品を展示します。例年通り、今回も作品展と同時にさまざまなイベントを企画しております。 企画イベントや出展作家情報など、詳しくは続きをご覧ください。 Life Map 今回の「Life Map」は、詩と映像作品を中心に ”みる、きく、であう”コトの時間を提供します。 その人の私的な世界、他の人が見てもよく分からないかも知れない。 よく分からないけれど、なにかひっかかる。 そのひっかかりに向き合う時間や距離をたどることが「Life Map」のねらいです。 ――― 場の中に自分の存在を実感し、必要とされていることを確認すること。 ――― 忘れてしまった感覚をなにげない日常の中でひとつひとつ気づくこと。 ――― 表現を通じてやりとりすること。 そのアイダにある『揺らぎ』を見つめ直す時間を、さまざまな企画で提供します。 この展覧会で、「一人ひとりの『地図』が、少しだけ塗りかえられる」 そんな小さな変化を期待します。 開催概要 【展覧会名】Life Map 【開催期間】2011年2月11日(金・祝)~3月27日(日) 10:00~20:00       ※ 無休 入場無料 【会  場】ギャラリー アートリエ       福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン 地下2階 【詩・朗読】濱野歩(工房まる) 【映  像】泉山朗土(recomemo workshop & studio.) 【音  楽】湯山千景 【関連企画】ギャラリートーク、公開リーディング、鑑賞ワークショップ 【主  催】(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市、NPO法人まる 【協  力】エイブル・アート・ジャパン 【問合せ先】文化芸術情報館アートリエ <(財)福岡市文化芸術振興財団>       〒812-0027 福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 地下2階       TEL 092-281-0081 FAX 092-281-0114       E-mail plaza-a@ffac.or.jp フライヤーのダウンロードはこちらから (PDFファイル:4.5MB) 作家プロフィール   企画イベント 公開制作1 日 時:2011年2月19日(土) 11:00~17:00 会 場:ギャラリー アートリエ 作品制作:ピースプラント 映像にも登場するピースプラントの2人が、 ギャラリーの壁面に絵を描くライブペインティングを披露します。 公開制作2 日 時:2011年2月26日(土) 11:00~17:00 会 場:ギャラリー アートリエ 作品制作:ピースプラント 公開リーディング&ギャラリートーク 日 時:2011年3月6日(日) 13:30~16:00 参加費:無料 <公開リーディング> 13:30~14:30 朗 読:濱野歩 音 楽:湯山千景 内 容:湯山千景の音楽にのせて、濱野歩が自作した詩を朗読します。 <ギャラリートーク> 14:45~16:00 話し手:濱野歩、泉山朗土、湯山千景 聞き手:樋口 龍二(NPO法人まる 代表理事) 内 容:今回の作品に対する作家のメッセージをはじめ、     制作背景や新たに発見した裏話などをトーク形式でおこないます。 鑑賞ワークショップ 日 時:2011年3月26日(土) 15:00~18:00 会 場:ギャラリー アートリエ 定 員:20名(要申込み) 参加費:無料 ファシリテーター:ギャラリーコンパ 内 容:目の見える、見えないといった互いの個性を活かしあい、     コミュニケーションを楽しみながら鑑賞するワークショップを行います。 お申込み先:文化芸術情報館アートリエ 関連企画 「Life Map -Draw the line-」 開催期間:2011年3月26日(土)~4月3日(日) 12:00~20:00      ※ 無休 入場無料 会  場:konya gallery(紺屋2023 2F) […]

Love Love × Love Art 2011 in IMS 開催

Love Love × Love Art 2011 in IMS 開催

今週の7日(金)より、福岡市中央区天神にあるIMS(イムズ)の地下2階(イムズプラザ)にて、今年で5回目となる企画展「Love Love × Love Art 2011 in IMS」を開催します。 そして今回は、同館地下1階の特設会場にて週末限定(8~10日、15~16日)の出展作家のオリジナルグッズを販売するミュージアムショップや、8日(土)~10日(月・祝)は同館8階の三菱地所アルティアムでは出展7施設の合同展も同時に開催いたします。 この機会にぜひ足をお運びくださいませ。 Love Love × Love Art 2010 in IMS ときめきフェスタアート展 × キラキラっとアート展 2007年より、ときめきフェスタ実行委員会・三菱地所株式会社・西日本新聞社の主催で、市内で活動している福祉施設の作品展を開催しており、今年で5回目となります。 今回は参加7施設の中から出展作家を選考し、それぞれの作家の世界を堪能できる展示におり、同館地下1階の特設会場では、出展作家のオリジナルグッズを販売するミュージアムショップも週末限定でオープンします。作家が直に描き下ろしたブックカバーをはじめ、ノートや名刺入れなどの世界に1つしかないステーショナリーグッズを取り揃えております。 また、同館8階の三菱地所アルティアムでは出展7施設の合同展&公開制作&グッズ販売も同時に開催しており、「ミュージアムショップでお買い物していただいたお客様には、作家が公開制作しているブックカバーをもれなくプレゼント!」というお得な特典もあります。 今回の出展作家(施設)を作品といった魅力的なツールで、 来場者をはじめ、さまざまな方々とつながっていくきっかけとなれば嬉しいです。 【開催概要】 開催期間:2011年1月7日(金)~1月16日(日) 10:00~20:00 ※ 無休 入場無料 会  場:イムズプラザ(7日~16日) 出展施設:工房まる(南区野間)、アトリエ ブラヴォ(博多区東月隈) 板屋学園(早良区板屋)、葦の家(城南区樋井川)、kara(西区上山門) やまと更生センター(東区三苫)、ピースプラント(中央区小笹) 主  催:ときめきフェスタ実行委員会、三菱地所株式会社、西日本新聞社 企  画:C.E.Works、特定非営利活動法人まる 協  力:株式会社イムズ、三菱地所アルティアム <関連企画> 「Love Love × Love Art 2011 in IMS」市内施設合同展 開催期間:2011年1月8日(土)~1月10日(月・祝) 10:00~20:00 ※ 無休 入場無料 会  場:三菱地所アルティアム(8日~10日) 10:00~20:00 内  容:市内7施設の合同展覧会をはじめ、施設のアートグッズ、 作家の公開制作(ブックカバー)を行っております。 「Love Love × Love Art 2011 in IMS」ミュージアムショップ 開催期間:2011年1月8日(土)~1月10日(月・祝)、1月15日(土)~16日(日) 10:00~20:00 ※ 無休 入場無料 会  場:地下1階特設会場 内  容:イムズプラザでの出展作家15名のオリジナルグッズを販売します。 作家が直に描き下ろしたブックカバーをはじめ、ノートや名刺入れ、ポストカードなど 世界に1つしかないステーショナリーグッズを限定販売しております。

アートバス走行中

アートバス走行中

本日(9月23日)より福岡市内を走る西鉄バス「福岡都心100円バス」の1台がアートバスに変身! このアートバスは、昨年に引き続き福岡市が主催する「ときめきフェスタ」のプロモーションイベントとして、先日のサンセットライブでのパフォーマンス&出店と同じく市内施設と合同で設営をおこないました。 詳しいバスの時刻表などは続きをご覧ください。 今回のアートバスも昨年に引き続き、福岡を中心にアートバスプロジェクトなどを実施しているアーティスト徳永昭夫氏にディレクションの協力をいただき企画を考えました。 まず、はじめにmaruの詩人である濱野歩氏に架空のキャラクター「トキコ」と「メキオ」(イベント名が「ときめきフェスタ」なので)がバスでお出掛けをするストーリー「トキコとメキオのなかよしホリデイズ」を作成してもらい、その完成した詩をもとに参加施設のメンバーが描き下ろした作品を展示しているのです。 今回参加した施設は工房まる、アトリエ ブラヴォ、板屋学園、葦の家、kara、ピースプラントの6施設です。 「トキコ」と「メキオ」がバスで遊園地や水族館、お祭りやショッピングなどに出かけるシーンがあり、それをイメージするメンバーそれぞれの表現を車内に展示しています。 【アートバス時刻表】 <博多駅交通センター>→<天神バスセンター>→<博多駅>の経路となります。 の り ば:博多駅交通センター1階3番 運行経路:福岡都心循環(内回り)線 出発時刻(平日)  14:37  15:47  17:27  18:34  19:48(1日5便) 出発時刻(土日祝)  09:06  10:18  11:12  12:35  13:35  14:50  16:00  17:20  18:32  19:36  20:45(1日11便) ※ 10月17日(日)はときめきフェスタの会場内に展示(停車)しておりますので、その日から展示/走行していません。 詳しくは、西鉄バスのホームページにてプレスリリースをダウンロードできます。→ Click 【アートバス設営風景】 まずは、窓ガラスなどの接着面を拭きます。 濱野歩氏の詩の作品。 水族館を思わせる魚はガラス面に内側と外側両方貼ってます。 徳永氏(写真手前)は、作家活動の他にも「美術現場調整家」として、展示や備品製作もプロフェッショナルな方なのです。よっ!天蚕糸職人! だんだん艶やかになってきましたね。 みんなが描いてくれた、いろんな「トキコ」と「メキオ」です。 一番後ろの座席は特等席かな。 なんか良い感じですよね。 もちろん運転手さんの席にも! ということで、このアートバスは10月31日まで走行いたします。 車内にはさまざまなストーリーが点在していますので、お出掛けのひとときを愉しませてくれたり、お仕事中のひとときを癒してくれたりします。 ぜひ、お時間のある方は乗ってみてくださいね。 最後に今後の関連企画の告知を 【TOKIMEKI odekake SHOP】 期間:2010年9月25日(土)~26日(日) 会場:キャナルシティ博多(地下1階特設会場) 時間:10:00~18:00 期間:2010年10月5日(火)~10日(日) 会場:エンジョイスペース大名 時間:12:00~19:00(5日~8日) 11:00~20:00(9日~10日) 今回はアートバスに参加している6施設のアートグッズの他に、エイブル・アート・ジャパンのショップ「A/A shop」とたんぽぽの家のショップ「CHIRORI」の商品も販売します。 昨年の会場の様子はコチラから → Click 私(樋口)もほぼ毎日店番しています。 みなさんのお越しを心よりお待ちしております!  

今年も「SUNSET LIVE」に出店します!

今年も「SUNSET LIVE」に出店します!

昨年に引き続き、今年も糸島市の芥屋海水浴場で開催される「SUNSET LIVE」でアートパフォーマンス&ショップを出店します! その他にも来場者も参加できるイベントもたくさん企画しています。 この暑さを吹き飛ばすためにも、是非ご来場ください。 まずは昨年のレポートをどうぞ。→ Click ということで、今年も福岡市が主催する「ときめきフェスタ」のプロモーションイベントを市内施設と合同でさまざまなイベントを開催します。 前回のメインビジュアル公開制作に引き続き2発目となる今回の「SUNSET LIVE」なんですが、 今回の内容は、 アートグッズショップ 【日時】2010年9月3日(金)~9月5日(日) 11:00~18:00 【場所】56番ブース(マップ参照) 【出店施設】工房まる、アトリエ ブラヴォ、板屋学園、葦の家、kara アートパフォーマンス 【日時】2010年9月3日(金)17:45~18:45     2010年9月4日(土)16:30~17:30 【場所】Performance Stage(マップ参照) 【パフォーマー】9月3日(金)高田扶美、川上勇樹(アトリエ ブラヴォ)         9月4日(土)太田宏介、松永大樹(工房まる) アートワークショップ 【日時】2010年9月3日(金)~9月5日(日) 11:00~18:00 【場所】56番ブース横(マップ参照) 【内容】10月17日に福岡市役所前の広場で開催される「ときめきフェスタ」の会場を彩る     作品を来場者のみなさんと一緒に制作します。     また、昨年より行っている「アートバス」の車内展示作品制作も同時に行います。 記念写真コーナー 【日時】2010年9月3日(金)~9月5日(日) 11:00~18:00 【場所】56番ブース横(マップ参照) 【内容】今回新たな企画として、参加施設に協力してもらい、     開場での記念撮影を楽しむ「顔ハメ」を制作し、会場に常時設置しております。     みなさんご自由に撮影してください。 ちなみに、「顔ハメ」の完成イメージはこんな感じです。 現在、業者の職人さんたちが急ピッチで制作中なのです。 「SUNSET LIVE」の会場マップはコチラからダウンロードできます。→ Click 愉しい場を提供いたしますので、みなさんぜひお立ち寄りくださ~い!  

Life Map -Deep Inside-

Life Map -Deep Inside-

現在、ギャラリーアートリエで好評開催中の「Life Map -テトテトテノアイダ-」に引き続き、今週末の27日(土)より「Life Map -Deep Inside-」と題し、展覧会を開催いたします。 会場は福岡市中央区大名にある「紺屋2023」2階のkonya galleryです。     Life Map -Deep Inside- design:NORO Ad.D DESIGN photo:富永亜紀子 【展覧会名】「Life Map -Deep Inside-」 【開催日時】2010年3月27日(土)~4月4日(日) 12:00~19:00       ※ 無休 入場無料 【会  場】konya gallery(紺屋2023 2F)       〒810-0041 福岡市中央区大名1-14-28 第一松村ビル2F       TEL/FAX 092-984-6292       E-mail travel-front@travelers-project.info 【出展作家】山口 大輔(長崎) 【主  催】NPO法人まる 【共  催】紺屋2023 【問合せ先】NPO法人まる       〒815-0041 福岡市南区野間3-19-26       TEL 092-562-8684 FAX 092-562-8688       E-mail maruworks@mac.com アートリエの展示でも大好評の山口氏の立体造形作品。 今回の「Life Map -Deep Inside-」では、 アートリエで展示できなかった彼のコアな作品を展示します。 また、今回もRECOMEMO WORKSHOP & STUDIO.の泉山朗土氏の映像作品も同時に展示します。 ほぼ毎日、立体造形を自宅で制作している山口氏。 彼のこだわりや制作の背景などさまざまなエピソードがあります。 今回はそのディープな世界を愉しんでもらえるような空間を作りたいと思います。  

「Life Map -テトテトテノアイダ-」

「Life Map -テトテトテノアイダ-」

2007年度よりmaruが(財)福岡市文化芸術振興財団と共同事業として行っているエイブル・アート事業。 いよいよ、今月11日(木)より「Lifev Map -テトテトテノアイダ-」と題し、企画展を開催いたします。昨年に引き続き今回も作品展と同時にさまざまなイベントを企画しております。 企画イベントや出展作家情報など、詳しくは続きをご覧ください。  Life Map -テトテトテノアイダ- 今回の「Life Map」は4名の造形作品を中心に紹介します。 その人の私的な世界、他の人が見てもよく分からないかも知れない。 よく分からないけれど、なにかひっかかる。 そのひっかかりに向き合う時間や距離をたどることが「Life Map」のねらいです。 ーーー作品を生み出すテトテノアイダ ーーー「つくる人」 「みる人」 「みせる人」 のテノアイダ そのアイダにある『揺らぎ』を見つめ直す時間を、さまざまな企画で提供します。 この展覧会で、「一人ひとりの『地図』が、少しだけ塗りかえられる」 そんな小さな変化を期待します。 開催概要 【展覧会名】Life Map -テトテトテノアイダ- 【開催期間】2010年2月11日(木)~3月28日(日) 10:00~20:00       ※ 無休 入場無料 【会  場】ギャラリー アートリエ       福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン 地下2階 【出展作家】本田 雅啓(福岡)、梅木 鉄平(福岡)、渡邊 義紘(熊本)、山口 大輔(長崎) 【関連企画】アートパフォーマンス、鑑賞ワークショップ、カフェトーク 【主  催】(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市、NPO法人まる 【協  力】エイブル・アート・ジャパン 【お問合先】文化芸術情報館アートリエ <(財)福岡市文化芸術振興財団>(担当:小宮)       〒812-0027 福岡市博多区下川端3-1 博多リバレイン 地下2階       TEL 092-281-0081 FAX 092-281-0114       E-mail plaza-a@ffac.or.jp フライヤーのダウンロードはこちらから (PDFファイル:3.5MB) 出展作家プロフィール 本田 雅啓(ほんだ まさはる) 1983年生まれ 福岡県在住 「無心」となり、心から創造することを楽しむ。立体作品をつくる。それも木を貼り合わせて大きなオブジェにペイントするスタイルが最近では一番フィットする制作スタイルのようだ。空間を把握し、想像力を膨らまし、材質を活かし、自分のプランで創作するとき、至福の表情が顔に浮かんでいる。 作品はテーマに一貫性のあるものがシリーズとなって表現されることが多く絵画の場合数十点に渡り続くことが常である。そしてある日、そのシリーズが終わりを告げ、また新しい世界の扉をたたく。 他にも陶芸やイラストレーションなども手がける多才な彼であるが、一旦仕事となればどんな注文にもチャレンジする勇気ある姿勢が次々に展開する新シリーズの創造の源泉かもしれない。今回は新たな創造を生み出すパフォーマンスを披露する。 梅木 鉄平(うめき てっぺい) 1979年生まれ 福岡県在住 施設スタッフに数字を書いてもらうことがきっかけで創作活動が始まる。色紙・鉛筆・のり・ハサミ・セロテープ・・・、さまざまな材料や道具を要求しつづけ、現在のカタチが生まれた。およそ4年をかけて取り組んでいるセロテープオブジェ。 作品の中には、紙で切った数字や小石が何層も貼り込まれている。決して満足することのない創作の繰り返しのなかで新たな欲求が生まれ、次の表現へ向うパワーと混沌へ変換される。創作の完結は多分本人も予測できていない。何を求めて、何を実現させたいのか。周囲は期待をもって見守るばかりである。 渡邊 義紘(わたなべ よしひろ) 1989年生まれ 熊本県在住 幼い頃は、昆虫探しに明け暮れる毎日を送る。その後、動く生き物すべてに興味を持ち始め、家族と全国の動物園や植物園をめぐる旅をする。現在は、独自の動物園や水族館が彼の中に存在している。 お菓子を食べたらその包み紙、飲食店に入れば箸袋など、彼の手に渡れば生き物に変化する。つくる過程を楽しむことはもちろん、その作品を他者に披露し、驚いてもらうことが彼の喜びでもある。 好きな動物や熱中する対象が変わったとしても、創作を続け、コミュニケーションを楽しむという彼の循環はこれからも変わらない。新たな広がりをつくる意味で、今回はアートパフォーマンスを披露する。 山口 大輔(やまぐち だいすけ) 1983年生まれ 長崎県在住 好きなものがたくさんある。言葉遊び、テレビのクイズ番組、バス、電車・・・。幼い頃からこれらを自分で遊ぶ道具として作ることが好きだった。今でも好きなもの、作りたいものを作り続けている。 ありふれた日常も、彼のこだわりの創作を通して再現された世界は、ワクワクするような楽しいものに生まれ変わる。 彼の作品は、どこにでも手に入る身近な材料で作られており、安価な材料を駆使しながら自分の創造世界を広げていく。動きのある仕掛けには思わず触ってみたくなる楽しさがあるが、単に工夫や構造の面白さを感じさせるだけではなく、“作りたい”という作者の純粋な気持ちが観る者を圧倒する。 企画イベント ギャラリートーク ※2回開催 【日 時】2010年2月20日(土)・3月13日(土) 14:00~15:00 【会 場】ギャラリー アートリエ 【参加費】無料 【話し手】樋口龍二(NPO法人まる 代表理事) 【内 容】今回の出展作家の作品制作に至るまでのエピソードや、創作へのこだわりなどお話しします。      また、当日は実際に作品に触れられる機会を特別に設けます。 アートパフォーマンス1 【日 時】2010年2月28日(日) 13:00~16:00 【会 場】ギャラリー アートリエ 【参加費】無料 【出演者】本田雅啓 【内 容】「テトテトテノアイダ」をテーマに、本田氏が段ボールで立体造形をライブで制作します。 カフェトーク 【タ イ ト ル】「アートの可能性」 【日 時】2010年3月6日(土) 17:30~19:30 【会 場】カフェアートリエ […]

Love Love × Love Art 2010 in IMS開催!

Love Love × Love Art 2010 in IMS開催!

本日(9日)より、福岡市中央区天神にあるIMS(イムズ)の地下2階(イムズプラザ)にて、今年も企画展「Love Love × Love Art in IMS 2010」を開催しております。 また、15日(金)~17日(日)は8階の三菱地所アルティアムでも作品を展示いたします。 この機会にぜひ足をお運びくださいませ。  Love Love × Love Art 2010 in IMS 2007年より、ときめきフェスタ実行委員会・三菱地所株式会社・西日本新聞社の主催で、 市内で活動している福祉施設の作品展を開催しており、今年で4回目となります。 今回は「風」をテーマに展覧会を企画いたします。「風」を表現した作品を制作いただき、 会場も「風」を表現しています。 会場ではみなさんも参加できるワークショップスペースを用意しておりますので、 みなさんの「風」で会場を彩ってください。 どんな風が吹いているのか? どんな風が吹こうとしているのか? それぞれの風を楽しんでください。 今回の出展作家(施設)を作品といった魅力的なツールで、 来場者をはじめ、さまざまな方々とつながっていくきっかけとなれば嬉しいです。 ■ 開催概要 展覧会名:「Love Love × Love Art 2010 in IMS」 ときめきフェスタ × キラキラっとアート展 開催期間:2009年1月9日(土)~1月17日(日) 10:00~20:00 ※ 無休 入場無料 会  場:イムズプラザ(9日~17日) 三菱地所アルティアム(15日~17日) 11:00~20:00 出展施設:工房まる(南区野間)、アトリエ ブラヴォ(博多区東月隈) 板屋学園(早良区板屋)、葦の家(城南区樋井川)、kara(西区上山門) 福祉作業所otto(博多区竹下)、ピースプラント(中央区小笹) やまと更生センター(東区三苫)、風花福祉作業所(西区今津) 主  催:ときめきフェスタ実行委員会、三菱地所株式会社、西日本新聞社 企  画:C.E.Works、特定非営利活動法人まる 協  力:株式会社イムズ、三菱地所アルティアム 三菱地所アルティアムのウェブサイトでも紹介されています。→ Click

アート雑貨SHOP オープン!

アート雑貨SHOP オープン!

  本日9月29日(火)より10月4日まで福岡市中央区大名のエンジョイスペース大名にて、先日のアートバスの記事でもお知らせした「ときめきフェスタ」関連企画でアート雑貨SHOPをオープンしています。  【期間】2009年9月29日(火)~10月4日(日) 【時間】11:00~20:00 【会場】エンジョイスペース大名 福岡市中央区大名1-14-20(大名紺屋街通り沿い) アートを主体に活動している市内施設5カ所(アトリエ ブラヴォ、板屋学園、葦の家、kara、工房まる)と、 エイブルアート・カンパニーの作品とグッズを展示・販売しています。 各施設のTシャツ。 なんと半額になっているTシャツもありますよ。 ステーショナリーやエコバッグ、 アクセサリーや陶器グッズなど、各施設の選りすぐりの商品が揃っています。 原画も展示しております。 お近くに来られる際は、ぜひお立ち寄りください。 過去のイベントはコチラからどうぞ。 ● ときめきフェスタ イベント報告ブログ → Click ● アートバス ただいま走行中! → Click

アートバス走行中!

アートバス走行中!

先週の18日(金)より9月18日(日)の1ヶ月間、福岡市内施設5カ所のアート作品を車内に展示した「ときめきアートバス」が走行しています。 この「ときめきアートバス」は10月18日に福岡市主催で開催される「ときめきフェスタ」の関連企画として、福岡都心100円バス(内回り路線)に1台走行しています。 現在は時刻不定で走っているのですが、いろんな方々に反響も多く、近々定刻で走行することになるそうなので、時刻決定次第みなさまにお知らせいたします。 それでは車内を少しだけ紹介いたします。  この「ときめきアートバス」の企画は、 徳永昭夫氏にディレクターとして参加いただき、 広告としてのラッピングバスとは違い、 乗車しているお客さんに作品から繰り広げられる物語を愉しんでいただこうと、 車内を中心に展示させていただきました。 展示内容は企画名の「ときめきフェスタ」から「トキコ」と「メキオ」という架空のキャラクターを アートを主体に活動している市内施設5カ所(アトリエ ブラヴォ、板屋学園、葦の家、kara、工房まる)の メンバーに描き下ろしていただいた作品を中心に展示しています。 ディレクションしていただいた徳永氏はアーティストでもあり、 今回は自ら企画している「アートバス・プロジェクト」の一環として関わっていただきました。 徳永氏の活動ブログでも紹介されています。 → Click 18日の午前中には出展作家を招待しての出発式が執り行われ、 maruの松永大樹氏、大峯直幸氏をはじめ、kara、葦の家のメンバーも参加しました。 いざ、バスの中へ! まずは、作品を背に記念写真。 この日は地元のテレビ局「KBC九州朝日放送」取材もあり、 作家のみなさんは慣れないテレビカメラを前に少々緊張気味。 ちなみに、9月24日(木)の18:30頃にKBC九州朝日放送の「ニュースピア」にて、 制作・設営の様子やこの日の出発式の様子などが放送される予定です。 改めて展示されている自分の作品を見つめる作家のみなさん。 15分ほど試走していただき、出発式は無事終了。 西日本鉄道株式会社のみなさんご協力ありがとうございました。 さてさて、この「ときめきフェスタ」の関連企画はまだまだ盛りだくさんでして、9月26日(土)27日(日)には福岡市博多区のキャナルシティ博多の地下1階にて、アートグッズのショップ出店&アートパフォーマンスを開催し、9月29日(火)~10月4日(日)には福岡市中央区のエンジョイスペース大名にて、アートグッズのショップ出店&作品展を開催いたします。 ぜひ、お誘い合わせの上、足を運んでください。よろしくお願いいたします。 ちなみに、maruは2010年のオリジナルカレンダーを先行発売しちゃいます!

「SUNSET LIVE」レポート

「SUNSET LIVE」レポート

毎年、2万人の動員を誇り、今年で17回目の開催となる「SUNSET LIVE」に、今回、福岡市内施設のアートグッズSHOPと一緒に、maruとエイブルアート・カンパニーのグッズも出品させていただきました。 また、ステージ上で太田宏介氏と松永大樹氏がアートパフォーマンスを披露してくれました! その他、盛りだくさんのレポートをどうぞ! この企画は毎年福岡市が主催している「ときめきフェスタ」のプロモーションの一環として、多くの人たちとのつながりを作りイベントを成功させようという試みで開催いているイベントです。 そしてこの度、いつもお世話になっている企画会社「C.E.Works」よりお声が掛かり、福岡市内施設のアートグッズSHOPと一緒にエイブルアート・カンパニーのSHOPも出店させていただきました。 SHOPは会場の入り口通路沿いというベストポジション。 その他にも、環境保護や福岡在住の外国人をサポートするNPOなどが、それぞれのカラーでショップを出店していました。 SHOP内はこんな感じです。 一方アートパフォーマンスはといいますと・・・ 近頃のアートライブといえばこのお二人。・・・キメて行きました。 二人とも気合いは十分! 魚とカニを描く太田氏 水着の女性を描く松永氏。 ふたりとも緊張もなく、堂々と描いておりました。 はい。ステージの舞台セットとなりました~。 そしてコチラはアートワークショップの模様。 絵を描くのが好きな人って多いんですよ! 参加していただいたみなさん。記念にパシャッ。 まさに、アートはボーダレスですね。 メインのライブ会場はもちろん大盛り上がりでした! 毎回、「SUNSET LIVE」は環境問題を中心にさまざまな社会問題をテーマに掲げ、音楽を介して理解を深めていく活動を続けています。 来場者もそのような問題に関心のある方が多く、市内施設と共同して活動していることに対し共感していただき、購入していただいた後に「頑張って!」と多く人にひと声かけていただいたのが非常に嬉しかったです。